【iPhone】iTunesにバックアップしたデータを復元する方法。アクティベーション(初期設定)

iPhoneをiTunesにバックアップしたデータを復元する方法
スポンサーリンク

iPhone のアクティベーション(初期設定)時に、iTunesに保存したバックアップデータから復元する方法をご紹介します。

iPhone のバックアップ方法についてはこちら。

iCloud でバックアップする

iTunes でバックアップする

アクティベーションとは?

アクティベートは iPhone のすべての機能を利用できるようにするために必要な利用開始設定のこと。 

アクティベーションが必要なのは iPhone の初期化を行った場合と、購入などで新しい iPhone を手に入れた時です。

iPhone の初期化についてはこちら。

iPhone を初期化する(通常)

iPhone を強制初期化(リカバリーモードで復元)する

アクティベーションやアクティベート時のトラブル対処方法などを詳しく知りたい方はこちら。

iPhone をアクティベーションする方法

iPhone のアクティベーションする方法は全部で4パターンあります。

1. iCloud バックアップから復元

2. iTunes バックアップから復元

このページで説明

3. 新しい iPhone として設定

4. Android からデータを移行

今回は、4つのアクティベーション方法の1つ「iTunes バックアップから復元する」方法をご紹介します。
※ その他のアクティベーション方法は上記リンクから各ページでご確認ください。


スポンサーリンク

iPhone を「iTunes バックアップから復元」する

iPhone をアクティベート

さまざまな言語で「こんにちは」と表示するので「ホームボタン」を押す。

iPhone初期画面

言語設定

「日本語」を選び、国または地域の設定で「日本」を選択する。

言語と国または地域の設定

キーボード設定

使用したいキーボードにチェックを入れて「次へ」をタップ。

キーボード設定

ネットワーク接続

アクティベーションするために使用するネットワーク回線を選択。

アクティベート方法は次の3パターンがあります。
※ 使用したい通信回線に接続してください。

  • Wi-Fi に接続
  • iTunes に接続
  • モバイルデータ通信回線

Wi-Fi に接続する場合

  1. 利用する Wi-Fi ネットワークを選択する。
  2. Wi-Fi ネットワークの「パスワード」を入力。
  3. 「接続」をタップ。
Wi-Fi ネットワーク接続

iTunes に接続する場合

  1. 「iTunes に接続」をタップする。
  2. iPhone を iTunes (PC)に接続する。
iTunesに接続

モバイルデータ通信回線を使用する場合

  1. 「モバイルデータ通信回線を使用」をタップする。
モバイルデータ通信回線を使用

ネットワークに接続するとアクティベーションが開始します。

アクティベートが完了するまで待ちます。

アクティベート中

位置情報サービスの設定。

位置情報サービスを利用する場合

1.「位置情報サービスをオンにする」をタップする。

位置情報サービスをオン

位置情報サービスを利用しない場合

1.「位置情報サービスをオフにする」をタップする。

位置情報サービスをオフ再確認画面

2.「OK」をタップする。

Touch ID の設定。

※ Touch ID は後で設定することができます。

  1. 「Touch ID を後で設定」をタップする。
  2. 「続ける」をタップする。
Touch ID(指紋認証)設定

パスコードの設定

※ パスコードはいつでも変更できます。

パスコードは iPhone の無断使用やデータ保護などに必要なものです。

iPhone をロックし、そのロック解除に必要なコードですので忘れないように。

1. パスコードは任意の6桁の数字を入力する。
2. 「コードを使用」をタップする。

パスコード作成

3. 再確認を求められるのでパスコードを再入力する。

パスコード再入力

App とデータの設定

今回は、iTunes に保存しているバックアップデータから復元します。

「iTunes バックアップから復元」を選び、iPhone をパソコン(iTunes)に接続する。

※「iTunes に接続」という画面が表示されるので USB ケーブルで PC (iTunes) と iPhone を繋ぎます。

Appとデータ設定

iTunes で復元

復元するバックアップデータを選択。

  1. 「このバックアップから復元」にチェックを入れる。
  2. プルダウンメニューから復元したいバックアップデータを選択する。
    ※ バックアップデータの日時を確認してください。
  3. 「続ける」をクリックする。
iTunesのiPhone設定画面

復元が開始します。
※ バックアップ容量により復元に、かなりの時間がかかる場合があります。

※ USB ケーブルは絶対に外さないようにしてください。

パソコン(iTunes)画面

iPhoneをバックアップから復元中

iPhone 画面

復元の実行中

復元が完了すると、メッセージが表示されます。
※ iPhone の接続は、まだ外さないようにしてください。

「OK」をクリックする。

「お使いのiPhone用の設定が復元されました。」のメッセージ

iTunes に、次のメッセージが表示される場合は、iPhone 画面にパスコードを入力する画面になっているはずなので「パスコード」を入力します。

パソコン(iTunes)画面

パスコードロック解除の要求メッセージ

iPhone 画面

パスコードを入力

読み込み完了後、再度「パスコード」を入力する。

読み込み中・パスコードを再入力

アップデートの完了です。

「続ける」をタップ。

アップデートが完了しました

これで、iTunes での作業は終了です。

続いて iPhone での設定を続けましょう。

iPhone の設定

Wi-Fi ネットワーク設定。

「次へ」をタップする。(Wi-Fi 接続しない場合)

※ Wi-Fi 接続する場合は、上記の「Wi-Fi に接続する場合」の手順と同様です。

Apple ID の設定。

Apple ID の「パスワード」を入力する。

「次へ」をタップする。

Wi-Fiネットワークを選択・Apple IDとパスワード入力

2ファクタ認証

※ 「2ファクタ認証」のセキュリティを有効にしている場合に、この手順が必要となります。

2ファクタ認証は、Apple より「音声通話・SMS受信」の方法で「認証コード」を受け取り、そのコードを入力するセキュリティシステムです。

ただし、アクティベーション中は「音声通話」のみでしか「認証コード」の受け取りはできないので注意してください。

なので、「確認コードを含むテキストメッセージを●●●●●●●●●XXに送信しました。」となっている場合


1. 「確認コードを受信されませんでしたか?」をタップ。
2. 「音声通話で発信」を選択。
の手順で、音声通話による「認証コード」受信に切り替えてください。

確認コードの受信方法の切り替え

また、自動的に電話がかかってこない場合や認証コードを聞き間違えた場合

  1. 「確認コードを受信されませんでしたか?」をタップ。
  2. 「もう一度通話する」を選択。
    の手順でリクエストします。
確認コードのリクエスト
  1. Apple より電話がかかってきますので6桁の「認証コード」をメモします。
  2. 受け取った「確認コード」を入力する。
Appleからの音声通話・確認コード入力

利用規約

  1. 利用規約を確認して「同意する」をタップする。
  2. iCloud の設定が開始するので完了するまで待ちます。
利用規約

Apple Pay の設定

※ Apple Pay はいつでも設定や変更が可能です。

  1. 「次へ」をタップする。
  2. 「Wallet であとで設定」を選択する。
Apple Pay

iCloud キーチェーンの設定

※ iCloud キーチェーンは後でも設定できます。

  1. 「iCloud キーチェーンを使用しない」をタップする。
iCloudキーチェーン設定

画面表示の設定

  1. 「表示サイズを選択」をタップする。
  2. 「標準・拡大」を選択する。
  3. 「次へ」をタップする。
画面サイズの標準・拡大表示設定

初期設定の完了です。

「さあ、はじめよう!」をタップしてホーム画面へ。

ようこそ iPhoneへ

初期設定後、必要に応じて設定するもの

  • メール
  • Touch ID
  • iCloud
  • iCloud キーチェーン
  • Siri
  • Apple Pay

スポンサーリンク