【iOS 16対応】iPhoneのアプリ名&フォルダ名を消す(非表示)方法

iPhoneのアプリ名&フォルダ名を消す(非表示)方法
スポンサーリンク

iOS14からホーム画面をより自由にカスタマイズできるようになりました。

なので今回は、iPhoneのアプリ名(アイコン下)の文字を非表示、またフォルダ名も非表示にしてホーム画面をスッキリさせる方法をご紹介したいと思います。

アプリ名とフォルダ名を消す

アプリ名を非表示にする方法

使うアプリは、最初からiPhoneに備わっている「ショートカット」アプリ。

「ショートカット」アプリは、iPhoneのホーム画面をカスタマイズしたり、iPhoneの機能や操作を自動化させることができるアプリとなります。

ショートカット

この項目「アプリ名を非表示にする方法」では、ショートカットアプリでアプリのショートカットアイコンを作成していることが前提となります。

アプリのショートカットを作成する方法についてはこちら↓「アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法」をご参照ください。

では、本題のアプリ名を非表示にする方法を解説していきます。

STEP 1

ショートカットアプリを起動し、目的のショートカットを「長押し」します。

アプリ名を消す手順1

STEP 2

「詳細」を選択し、「ホーム画面に追加」をタップします。

アプリ名を消す手順2

STEP 3

ショートカット名の右端にある「×」ボタンをタップし、名前を消します。

ショートカット名が削除されたことを確認し、「追加」をタップ。

アプリ名を消す手順3

ホーム画面にアプリ名が非表示になったショートカットアイコンが追加できました。

アプリ名を消す手順4

フォルダ名を非表示にする方法

iPhoneやiPadのフォルダ名を非表示にすることはできますが、厳密にはフォルダ名に空白を設定します。

フォルダ名に空白を設定するには、通常の空白は設定できず、ユニコードの点字空白を設定する必要があります。

ユニコードの点字空白

「⠀」←こちらをコピーしてください。

STEP 1

フォルダを「長押し」し、「名称変更」を選択します。

フォルダ名を消す手順1

STEP 2

フォルダ名の右にある「×」をタップして現在のフルダ名を削除し、ユニコードの点字空白「⠀」をペーストします。

フォルダ名を消す手順2

STEP 3

キーボードの「完了」をタップし、もう一度、画面右上にある「完了」ボタンをタップします。

フォルダ名を消す手順3

完了です。

フォルダ名を非表示にすることができました。

フォルダ名を消す手順4

今回、ご紹介したアプリ名・フォルダ名を非表示にする方法をご参考に、iPhoneのホーム画面をシンプルにしてみてください。


スポンサーリンク