【簡単便利】Macの搭載機能を使って画面ズームを行う方法

スポンサーリンク

Mac搭載のズーム機能

Macには、元々ズーム機能が搭載されていますので、今回ご紹介するズーム機能は新たにソフトなどをインストールする必要はありません。

ズーム機能を操作するのはとても簡単で、Macのスクリーンの、どの箇所でもズームできます。

POINT

ズームの方法には、2種類あります。

  • フルスクリーン
  • ピクチャ・イン・ピクチャ
  • フルスクリーン
フルスクリーン
  • ピクチャ・イン・ピクチャ 
ピクチャ・イン・ピクチャ

ズーム機能の詳細設定

システム環境設定 > アクセシビリティ > ズーム機能

で(ズームの方法・キーボードショートカットを使ってズーム)などの設定が行え、また

システム環境設定 > アクセシビリティ > ズーム機能 > その他のオプション

で(拡大率・カラーを反転・一時的にズームを有効にする)などの設定が行えます。

更に、ズームの方法の選択で「ピクチャ・イン・ピクチャ」を設定した場合のみ

システム環境設定 > アクセシビリティ > ズーム機能 > その他のオプション> サイズと場所を調整

で、ウインドウのサイズと場所の調整ができます。

ご自身に合った設定をしておきましょう。

ズームを行うコマンド(ショートカットキー)

  • コマンド1

ズーム機能の「ON/OFF」を切り替える。

command+option+8
  • コマンド2

ズーム機能を ON にしたら、次のコマンドでズームインできます。
※ ズームインは、マウスポインタがある位置をズームします。

command+option+^
  • コマンド3

ズームアウトは、次のコマンドです。

command+option+-

以上です。

皆さんもぜひ、使ってみてください。


スポンサーリンク